• ラブライブ!大好き管理人魔女っ子★ゆきによるラブライブ!サイト☆ライトノベルも載っける予定?

私は私のお母さん

私は私のお母さん第10話『GW2人きりの夜(夜のお楽しみ編)』

「そろそろ、お風呂入らなきゃ、だよね?」 時刻は20時を回り、例によって例の如く小説執筆に向けて資料を作成していた私の元に、ユミがもじもじしながらやって来た。 来た!と思った。ここでの対応を誤れば、こ …

続きを読む

私は私のお母さん第9話『GW2人きりの夜(やや後編)』

もくもくもくもく。(←無言でお弁当を食べている🍱) 翌日のお昼の光景である。メンバーは、いつものチコユミヤサコと私の4人なのだが、 「あのさー」 チコこと三ヶ月智子が口を開くが、 ギヌ …

続きを読む

私は私のお母さん第8話『GW2人きりの夜(中編)』

あ〜、今、一番逢いたくなかった人に逢ってしまった。コーキ君こと河野弘毅文芸部部長だ。 いや、コーキ君の事は好きだし、今日告白しようと思っているし、一番逢いたかった男性ひとなんだけれど、ただ、今のタイミ …

続きを読む

私は私のお母さん第7話『GW2人きりの夜(前編)』

どうしてこうなってしまったのだろう? ゴールデンウィーク、あの人の家で過ごす事になってしまった。早まった事をしてしまったのではないか? あの人の家族は親戚の家に行き、今夜は2人きり。私は、初めて入った …

続きを読む

私は私のお母さん第6話『恋バナそして……(後編)』

「さてと、おゆきとコーキ君をどうやってくっつけるかよね?」 ヤサコこと坂下優子さかしたゆうこが言う。 「はい、はい、名案を思いつきましたっ!」 右手を高く突き上げたのは、チコこと三ヶ月智子みかづきとも …

続きを読む

私は私のお母さん第5話『恋バナそして……(中編)』

「えーと、何から話していいのやら……」 いきなり出だしで口ごもってしまう。 それはそうだ。そもそも、私は人と話すのが、それほど得意ではない。 そんな私が、恋バナなどというハードルの高い話を、すらすら出 …

続きを読む

私は私のお母さん第4話『恋バナそして……(前編)』

文芸部部室に入る。いつものように、3人用の長机6つを組み合わせたモノだ。 長机は入口から奥に向かって縦長に2✕3にくっつけて配置されて、さながら1つの大きな机といった印象だ。 両サイドには、本棚が並べ …

続きを読む

私は私のお母さん第3話『単為生殖』

「私は私のお母さん?」 チコこと、三ヶ月智子みかづきともこが、不思議そうな顔で、訊き返してくる。 「ええ、そうよ。主人公女性が過去にタイムトラベルして、そこで素敵な男性と恋をして結ばれる♡やがて、娘が …

続きを読む

私は私のお母さん第2話『文芸部』

「『時間とは幻想に過ぎない』。これって、どういう意味かわかる?」 「わかんない」 私の問い掛けにチコこと三ヶ月智子みかづきともこは、ふるふると首を左右に振った。 「アイザック・ニュートン博士は、『時間 …

続きを読む

私は私のお母さん第1話『タイムリーパーおゆき?』

「やばっ!遅刻しちゃう」 右手のあんパンを口にくわえて、その右手で冷蔵庫のドアを開け、左手でアップルジュースの紙パックを摑むと冷蔵庫を閉め、右手にあんパンを戻す。 「もう30分早く起きたら、ゆっくり座 …

続きを読む